許せないという価値観

「2人は全然違うのに、どこで共同感覚を持っているの?」
「一緒の感覚を持っているほうが仲良く出来ると思うけれど
どうやって折り合いをつけているの?」

などと、時折友達に聞かれることがあります。
彼と私は友達から見ても・そして当事者からしてみても「全く違う2人」でした(笑)

パッと見た感じや雰囲気もそうですし、実際に話をしていても
「ああ、そういう捉え方をすんだなあ」
などと思うことってとても多いのです。

それは一見すると2人の関係に溝を作ってしまう要因のようにも思えるのですが
私たちはそんな違いをも楽しいと感じていました。
私の性格上、好きな人と同じ価値観を持っていたいと考えてしまうタイプですので
彼との交際には不安を感じる要素は沢山あるのですが、どういうわけか
その違いを楽しむことが出来ていたのです。

私の性格が変ったわけでも、‘そうあろう‘としたわけでもありません。
きっと私たちの間には互いの中で「こういう価値観だけは許せない」というたった1つの共通意識があったからだと思います。
怠慢さを嫌う私たちの「許せない」と言う厳しい価値観1つが合致しているからこそ
上手く行っているような気がするのです。

よく、価値観の違いで別れるなんて話を耳にしますが
本質は「合致するものが見えなくなってしまった」からなのかもしれないなと思うのです。